矯正歯科やインプラントは歯科を利用する|大切な歯のスペシャリスト

新しい歯を手に入れる

治療に関する注意点

歯科

インプラントは歯科クリニックで出来る治療のひとつです。歯肉を切開し、顎の骨に穴をあける外科手術になるので、それなりにリスクがあります。手術は局部麻酔で行われますが、術後に麻酔が切れると痛みが出てきて、歯茎が腫れてくることがあります。インプラント手術をする場合、手術の当日は十分に休養を取ることが大切です。アルコールを飲むと手術痕の治りが遅くなるので、当日の飲酒は控えるのが無難です。また、インプラントは決して永久的な治療ではなく、歯科クリニックでの定期的なメンテナンスが必要です。インプラントが虫歯になることはありませんが、歯磨きや定期検診を怠ると歯周病が発生し、インプラントがぐらついてきたり、はずれたりすることがあります。

治療費を抑える方法

インプラントは健康保険給付の対象ではないため、手術にかかる費用はすべて自己負担になります。歯科クリニックによって手術費用が異なるので、事前にしっかり見積もりをもらうことが大切です。手術にかかる費用は、検査費用、インプラント本体の費用、人工歯の費用、手術費用すべてをトータルした金額になります。通常、一本あたり30万円近くかかるのが一般的です。インプラント本体のメーカーを安い日本製や韓国製にすることで、手術費用を抑えることができます。ただし、噛みあわせや顎の骨の状態によっては適用できない場合もあります。また、また、歯科クリニックによっては通常価格よりも安いモニター価格で手術ができるところもあります。